マジシャン・前田知洋

premium--1

トリプルエイ・コミュニケーションズでは、
クロースアップマジシャン 前田知洋とのパートナーシップにより、
クロースアップマジックショー“奇跡の指先”の
演出とプロデュースを担当しています。

新しいスタイルのマジックショー“奇跡の指先”

クロースアップマジシャン 前田知洋。彼のショーは、今までのマジックショーの概念を超越した、“新しいスタイル”だった。その不思議な時間そのものは、果たして現実だったのか。

クロースアップマジック*1のスタイルを確立し、日本中に一大マジックムーブメントを起こした天才マジシャン「前田知洋」。常識を打ち破る斬新なマジックは、いつの日からか、『奇跡の指先を持つ男』とも呼ばれています。活躍はテレビやCMだけにとどまらず、ラスベガスやロンドンなど、海外での出演なども多く、日本人トップマジシャンとして世界より認められています。そのスマートで洗練された雰囲気と演技力は、歴代首相や各国大使など、国内外のセレブリティをお招きしたレセプションパーティーなどにも数多く出演しています。その前田知洋が見せる、新しいスタイルのクロースアップマジックとは・・・

*クロースアップマジック:観客のすぐそばで見せるスタイルのマジック

マジックショー“奇跡の指先”について

maeda-plan

ここでご紹介する「PREMIUM EDITION」は、1ステージ100名のお客様を想定し、『プレミアム感』を打ち出す為に考えたプランです。様々なコンセプトに合わせたプランをご提案いたしますので、内容はご相談下さい。

演出ポイント1

(1)用意された席は、限定100名様

premium--1

すべて本人の立ち位置から、全席約10m以内に配置。クロースアップマジックの醍醐味を存分に感じられる「特別席」となります。それは、まさに『Premium 100』。100名のお客様のみが過ごす“至福の時間。

※このプランの場合、2回のステージで合計200名+αのお客様

(2)コンセプトは『至近距離』

maeda-close

「私のテーブルに前田知洋がくる」そんな夢の時間が実現します。会場にいるお客様全員が奇跡の指先の目撃者となります。

※お客様の全てのテーブルに伺って、マジックを披露することも可能です。

(3)マジックショーの概念を打ち破る

maeda-tetsuo

お客様の視線を映像化した、ヒト型カメラ「テツヲ」を導入。斬新なカメラアングルにより、奇跡の指先を十二分に堪能できます。また、その瞬間は、ステージ上にて、10テーブルから抽選で選ばれたお客様10名様が、同時に体験できます。

演出ポイント2

  • 本物のクロースアップマジックをライブで見せる
  • まるでテレビを見ているような錯覚に陥る程の臨場感がある
  • 会場全体での一体感が生まれる程の演出効果

テレビの撮影クルーでもある専属のカメラマンが、前田知洋の手元や指先を 至近距離で撮り、その模様を複数台の大型プラズマディスプレイ (PDP10台規模を想定)でご覧いただきます。 PDPを通して、クロースアップマジックの醍醐味をリアルタイムで体験できる ことはもちろん、歓声やリアクションが同時に起きることで、会場全体での一体感が生まれます。

本来は、少人数を対象とした、クロースアップマジックの概念を打ち破るべく、 生まれた前田知洋のショーは、 マジックショーのイメージを超えたものであるといえるでしょう。